注文住宅に関する情報サイト

注文住宅のパントリーの必要性

注文住宅のパントリーの必要性 注文住宅を建てるときには、キッチンにパントリーを設けておくことがおすすめだと言えます。
賃貸物件に住んでいるときにはこの設備がないことも多いので、必要性が感じられない人もいるかもしれませんが、実は注文住宅において非常に重要な設備の1つだと知っておきましょう。この場所には常温で保存することができる食料や調味料、キッチン用品や消耗品などをたくさんストックしておくことができます。色々なものをストックすることができるので、買い置きをしておけば買い物の頻度を減らすことができますし、災害時などに備えて豊富な水や食料を置いておくことも可能です。収納スペースが少なければ新たに棚を買い足すことになるケースもありますが、そうすると部屋が狭くなる、見栄えが悪くなるという問題も生じかねません。最初からキッチンにパントリーを設置しておけば、見た目のスタイリッシュさと大収納の両方を実現できることを知っておくと良いです。

注文住宅でパントリーをオプションでつけた場合の価格

注文住宅でパントリーをオプションでつけた場合の価格 注文住宅の最大の魅力としては、自分の住みやすい環境を快適にすることができる点ですが特に環境が重要になるのがキッチン部分です。
オープンキッチンはもちろんのこと、ビルドイン型のオーブンレンジやコンロなどを併設することで調理のしやすさが追及できます。余計なスペースも省力化されるため、料理を作っては依然するまでの導線を妨げないというメリットもあります。調味料や食品、食器や容器を保管して置けるパントリーも導線を効果的に利用することや、効率的に美味しい料理を作って食器に盛り付けることに一役買ってくれます。見た目もすっきりするため掃除も楽になるばかりか普段の家事のイライラが解消されるという手から見ても、重要と言えるでしょう。おおよその価格については、注文住宅字だとオプションで15万~が相場です。リフォームなど部分的に行う場合は、別料金になるため注意が必要です。リフォームの場合は改修工事費用も含まれるためです。