注文住宅に関する情報サイト

注文住宅の間取りの失敗例

注文住宅の間取りの失敗例 注文住宅を建てるときには間取りを自由に決めることができますが、ありがちな失敗を知っておくことで満足度の高い住まいを実現しやすくなります。よくあるミスとしては、来客のことを考えていない配置をあげることができるでしょう。お風呂やトイレと来客者を招く部屋が近く、来客中にこれらの設備を利用しづらいという問題が起こることは少なくないです。子供が成長した後のことを考えていないケースも多く、親と子供の部屋を近く配置したことで十分にプライバシーが確保できないというケースもあります。他には、生活動線を考慮していなかったことが問題となるケースも多いです。それまで住んでいた場所より広い住宅になったけれど、動線が悪くて家事が大変になってしまうケースもあります。注文住宅の間取りではこういった失敗が起こってしまうことが多いため、具体的な内容を知っておき、こうした問題が避けられるように計画していくことが大切だと言えるでしょう。

失敗が見つかったときには保証が求められるケースも

失敗が見つかったときには保証が求められるケースも 完成した注文住宅に住み始めてから失敗に気がつくこともあるはずですが、その場合は建築会社などに保証が求められるケースもあります。
作業の杜撰さや作業ミスによって問題が発生している場合は、引き渡しから10年以内であればしかるべき対処を行ってもらうことが可能です。ただし、自分たちに過失がある場合は対応してもらうことができません。完成した内装や外観が気に入らない、間取りや導入した設備が悪かったという場合でも、契約通りに工事が行われている場合は施工会社に責任を問うことができません。契約内容通りではなかった場合や安全性を損なうような問題が起こっている場合は責任を問えるケースが多いので、トラブルに気がついたら早めに注文住宅メーカーに連絡することがおすすめだと言えます。重大なトラブルが発生しているのに泣き寝入りしてしまうことがないように、どのようなケースであれば注文住宅メーカーに保証を求めることができるのか確認しておくことが大切です。